日焼け止め、顔に使用できるものの種類

日焼け止めは全身に使用することができるものです。ただし特に顔は、紫外線ダメージなどが顕著に出やすく、目立ちやすいので、年間を通じて使用するのが望ましいです。顔に使用できる日焼け止めには様々な種類があります。まずはクリームやジェルタイプです。この中にはファンデーションのような色づきタイプのものもあります。そうしたものを使用すれば、化粧下地やメイク代わりにも使用することができます。塗りなおしの際に、同時にメイクなおしとしても利用できると言うのが色づきタイプのメリットです。クリームやジェルタイプのものは乾燥するのでは、と思う人も多いかもしれません。ですが最近では、とても使い心地の良い、肌への負担が少ないものも出てきているので、とても利用しやすいタイプだと言えます。それからパウダータイプです。これは粉状、または粉が固められたものに日焼け止め作用が加わったものです。とにかく軽い着け心地で、色つきのものであればメイク代わりにも使えると言うメリットがあります。また皮脂を吸着する作用があるものだとテカリ防止に、保湿作用があるものだと乾燥防止にもなると言うのも嬉しい点です。そして何より、パウダータイプのものはとても手軽に塗りなおしをすることができると言うのが最大の魅力です。ただしクリームやジェルタイプほどの密着性は期待できないので、こまめに使用することが求められます。また全身に使用する日焼け止めの中にはスプレータイプのものがあります。この中には顔に使用できるものもありますが、その際にはある程度の距離をあけて使用すること、長い時間、吹きかけないことが必要です。また目や口に入らないようにすることも重要です。日焼け止めサプリメントが最近は人気です。